收藏

ルイヴィトンポルトドキュマン中古編集

(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON ポルトドキュマン アンガラ M30772 [中古]
__null00
(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON ポルトドキュマン アンガラ M30772 [中古] 
「バーンだよ。ここに気づかないで、飛んでいった」  ジョクは、コックピットをおりながら、説明してやった。 「バーンか! あいつかっ!」 「そういう言い方はするな。ここにいるかぎりバーンだって仲間だ」  ジョクは、興奮しているチャムを落ちつかせようと、今までジョクの部屋で一人おとなしくしていたことを誉《ほ》めてやった。 「ファー! せっかく寝ていたのに、みんなで邪魔するんだ!」  チャム・ファウが、バーンのオーラバトラーの飛行音に目覚めたのは、今朝のガラリア機との接触以来、事件の連続に神経が過敏《かびん》になっているからだ。  ガラリアは、チャムの姿に背を向けて、勝手口から家にはいっていったが、ほかの人びとは、チャム・ファウの飛ぶ姿に、またも感嘆していた。 「……フェラリオといいますがね、なんで、あんなものが、現実にいるんです?」  鈴木敏之は、チャム・ファウがもどってきたときに、台所を一気に飛びすぎて行った姿を目撃しただけだったから、興味津々《きょうみしんしん》だった。  が、今チャムはジョクの頭のなかに下半身をしずめるようにして、すわりこんでしまった。  眠いのだ。 「……いったでしょ? ぼくらの想像の世界では、こういう種類の生物は、天使以来の定番《ていばん》だって」  常田は、チャムの姿を撮影することもわすれずに、そういった。 「でもさ……。さっき台所で見たときには、ウソだっとおもったな。だから、よくきけなくって」  鈴木は、ジョクの背後にまわりながら、「ウへ、背中があんなになっているのか?」と、ゲッソリした顔をみせた。 「見慣《みな》れれば、どうってことないですよ。天使やフェァリーの絵の見すぎですよ」  杏耶子が笑った。
表示ラベル: